転職

【まだ間に合う】25歳で人生をやり直したい人がやるべきこと

25歳で人生やり直したい

「25歳になって人生やり直したいと思うようになった」
「もう手遅れなのかなぁ」
「25歳から人生やり直すとしたらどんな道があるの?」

25歳というのは、新卒だとすると社会人3年目で、割と人生の分岐点な気がします。
会社に3年も勤めていると、仕事内容の合う合わないがわかってきたり、友達の仕事と自分の仕事を比べてしまって嫌になったりといろいろ悩みがでてくる時期です。

さらに、仕事が嫌になっても3年は続けようみたいな言葉がありますが、ちょうどその時期でもあり、人生をやり直したいと思う人が増えてきます。

引用:doda

こちらのグラフは転職を考え出す年齢のグラフですが、やはり25-26歳が一番多くなっています。

本記事では、25歳で人生をやり直したいと言う人が、まず何をすべきか、どういった道があるのかを紹介します。
在職中の方だけでなくニートの方も、25歳はまだまだ人生やり直しが効く年齢です。

この記事を参考に、新たな人生に向けて1歩踏み出しましょう!

25歳で人生やり直したいと気付けたのはラッキー

25歳で、人生やり直したいと気づけたことはラッキーだと思いましょう。

僕の場合、そう思えたのは29歳の時だったので、「もっと早く気づけばよかった」と後悔しています。

25歳で人生やり直したいと思えたことがラッキーな理由を紹介します。

25歳だとまだまだ自由が効く

25歳だと、まだまだ自由が効く年齢です。

仕事においても新卒入社だと、3年目になる年齢なので仕事を覚えてきたころだと思います。

とはいえ、役職にもついていないはずですので、責任感も薄く、仕事も辞めやすい状態でしょう。

プライベートおいても、結婚している人はまだ少ないのではないでしょうか。

家庭を持っているとなかなか人生の軌道修正をするのは難しいですが、独身であれば仕事を辞めても、最悪実家に住めばいいのでなんとでもなります。

年齢だけで一概には言えませんが、大半の人は仕事とプライベート両面において縛りが無い人が多いので軌道修正しやすい年齢といえます。

第二新卒として再就職できる

25歳であれば第二新卒として再就職も可能な年齢です。

第二新卒とは、どこかに勤めていた経験がある人を新卒扱いで採用する場合に使われる言葉です。具体的な定義はないものの、26-7歳くらいまでは第二新卒として未経験でも採用してくれるケースが多いです。
(会社によっては30歳前後でも未経験で採用してくれる場合もあります。)

転職する場合は、一般的にはキャリア採用といってこれまで勤めていた企業の知識を経験を生かすことを前提に採用されることが多い中、第二新卒採用の場合は、一応「新卒」という扱いなので、未経験としてこれまでとは全く別分野の仕事に就くことができます。

若いというだけでポテンシャルがあるとみなさるため、今までの職歴に限らず、新たな仕事に挑戦ですることができます。

25歳で人生をやり直したい原因を考察

社会人3年目となる25歳で、人生をやり直したいと考えている人は意外にも多いです。

どのような理由、原因があるのかをYahoo知恵袋、SNSなどで調査してみましたので、紹介します。

原因1:仕事が楽しくない

就活をしていた時と、実際に働いてからのギャップが大きかったために、仕事が楽しくないという人が多いです。

「こんな仕事内容だと思ってなかった」「こんなに働かされるとは思ってなかった」

こういった人も多いのではないでしょうか。

入社前は会社の良いところしか見えていなかったけど、いざ入社してみると悪いところが見えてくるというのは誰でも経験する事象です。

そういった人は、人生やり直して別の仕事がしたいと感じているはず。

世間には、仕事を楽しんでいる人は山ほどいるので現状のまま我慢して、楽しくない仕事をするのはもったいないです。

今すぐ行動すればまだまだ間に合う年齢なので、自分が心から楽しいと思えることに挑戦しましょう。

原因2:将来に希望を持てない

毎日満員電車に揺られて出社するという変り映えのない毎日を過ごしていると、将来不安に感じる人も多いです。

会社員というのは所詮雇われの身ですので、業績不振などにより解雇される可能性もゼロではありません。

一般的な会社員だと、どこでも通用するスキル、一人でも稼ぐスキルを持っている人は少ないはずで、会社があってこそやっていける人がほとんどだと思います。そういった中で、30代後半から40代、50代になったところで解雇されると結構ヤバイですよね。

最近は、ビジネス系Youtuberの発信により、会社を辞めてフリーランスとして稼ぎたいと思う人も増えています。

サラリーマン=悪のような発言も目立つので不安に思う人も多いでしょう。

自分は将来どうなりたいのかをしっかり考え、学びたいスキルを身に付けるために会社を利用するという気持ちで働くと楽になるでしょう。

もし、今働いている会社では自分に必要なスキルを学べない場合は転職という選択肢も考えて動きましょう。

25歳で人生をやり直したい人がやるべきこと

25歳で人生をやりなおしたいと考えた時に、具体的にどのように行動すればいいのかを紹介します。

やりたいこともないけど、なんとなく現状に不満を感じているという人も、一歩を踏み出せるような方法を解説します。

現在サラリーマンの人も、ニートの人も是非参考にしてみてください。

まず。将来どうなりたいかを考える

まずは、将来どうなりたいのかを考えましょう。

とはいえ、ここが一番難しいポイントでもあります。
特に、業界を絞って就活をしていた方は世の中にどのような職業があるのかを知らない人も多いです。

僕自身も、今の仕事が嫌なのは確かだけど、自分がどのような仕事をしたいのかわからないといった状況でした。

そんな時に有効な方法が2つあります。

  • 副業をしてみる
  • 自分の長所を探ってみる
  • いろいろな職業を調べてみる

副業をしてみる

副業は、本業以外でお金を稼ぐ経験ができて、さらに自分に合う職種が見つかる可能性が高いので、時間がある人はやることをおすすめします。

僕はアフィリエイトブログを運営することで、SEOに興味を持ち、将来はSEOコンサルをやりたいと思っています。

今までとは全く別の業種なので、副業を始めなければ知ることのなかった職業なので、ブログをやってて良かったと思います。
また、副業なら合わなければすぐ辞めればいいだけなので、本業のお試しといった感覚でできるのがメリットです。

自分の長所を探ってみる

副業を始めるのはハードルが高いと言う方は、自分の長所を見つけてみましょう。

ストレングスファインダーやコーチングを受けることで、新しい視点で自分を見ることができるので、長所を発見することができ、自分に合った職業が見つかるでしょう。

特に、ストレングスファインダーは、精度が高く、色々な人がオススメしているのでやる価値は十分にあります。

僕も最近ストレングスファインダーとコーチングを体験し、30歳にしてようやく自分の長所を発見することができたので、是非試してみて欲しいと思います。

ちなみに、就活の時にやった自己分析で自分の長所を探したことがある方も多いかと思いますが、それが可愛く見えるくらい制度が高くて驚きました。

いろいろな職業を調べてみる

やりたい仕事がないという人は、世の中にどんな職種があるのか知らない人がほとんどです。
転職サイトで、どんな職業があるのかを調べると新たな発見が見つかるはずです。

就活の時にもいろいろな職業を調べたはずですが、社会人を経験した後で調べてみると、学生の時とは違った視点で見ることができますので、意外にもおもしろい職業が見つかるでしょう。

まずは行動してみる

自分の長所を見つめなおすことで、将来どうなりたいかがなんとなく決まったら、行動しましょう。

転職をするのか、起業したいのか、今の会社で上を目指すのか、まだ25歳ならいくらでもやり直すことができます。

現状を変えたいのであれば、今この瞬間に動き出さないと恐らく一生変われないでしょう。

少しでもいいので、一歩を踏み出すとおもしろいように事が進んでいくはずです。

まとめ:25歳で人生やり直すことは可能です

今回は、25歳で人生をやり直したい人に向けて、人生をやり直す方法を紹介しました。

やりたいことが決まている人は迷わずに進めると思いますが、大半の人は特にやりたいことが決まっていないはずです。
今回紹介した方法で、そういった人でも行動できるようになれば幸いです。

いきなり大きく動くのはハードルが高いですが、小さくてもいいので一歩踏み出してみると気持ちが楽になるはずです。

25歳という若い年齢なので、いくらでも人生やり直せます。後悔しないように歩んでください!

-転職

Copyright© Cocomaroom , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.