ゼネコン・現場監督

ゼネコンで働くために資格は必要?現場監督・施工管理に必要な資格を教えます。

この記事では、スーパーゼネコンで働く私が、「現場監督になるために必要な資格は何?」「現場の施工管理を行う上で取っておいたほうがいい資格は?」という疑問について、自分の経験をもとにお答えします。
ただし、個人住宅の現場監督については専門外のため、一般的な建築工事(ビル、マンションなど)を行う場合について説明します。

現場監督とは?施工管理と現場監督の違いは?

まず、現場監督と施工管理の言葉の違いから説明していきます。
現場監督とは、「工事現場を監督している人」のことを指します。
施工管理とは、工事現場を監督する業務のことをいいます。
工事現場において、現場監督が施工管理を行っている」という使い方になります。
ちなみに一般的なビル、マンションを新築する建設現場だと、規模によりますが小規模の現場でない限りだいたい3名以上の現場監督が常駐しています。

現場監督になるために、資格は必要無い

よくネットで見かける情報で、「現場監督になるためには施工管理技士の資格が必要だ」というような情報があります。
しかし、厳密には必要ありません。その理由を詳しく説明していきます。

建設業法という建設業に関わる法律によると、
「建設業者は、請け負った建設工事を施工する場合は、主任技術者を置かなければならない。また、請け負った金額が4000万(建築一式6000万以上)の場合は監理技術者を置かなければならない。」
と決められています。

簡単に言うと、
ゼネコンのような建築工事を一式で請け負う総合建設業に勤務している場合、建物の金額が6000万以下なら主任技術者、6000万以上なら監理技術者を配置しなさいと言うことです。

一戸建ての住宅を購入しようとすると4000万以上の値段がすると思うので、一般的なビル、マンションを建設するのに6000万円以下ということはまずありません。そうすると、一般的なビルやマンションの現場には監理技術者の資格を持った人が常駐する必要があります。

私は先ほど、現場監督になるために資格は必要無いと言いました。しかし、上に書いた建設業法によると、「現場には監理技術者の資格を持った人が必要」と書いています。矛盾しているように聞こえると思いますが、現場につき監理技術者は1人いれば良いのです。

先ほど、一般的な現場には3名以上の現場監督がいるといいましたが、その中の誰かが監理技術者の資格を持っていればその他の現場監督は資格が必要ありません。

場には資格を持たない新社員の現場監督や、派遣の現場監督もいます。その現場の誰かが監理技術者を持っていれば、現場監督の業務自体は無資格でOKということです。

現場監督として働くために取っておいたほうが良い資格

先ほど現場監督になるために資格が必要ではないと言いましたが、
もしあなたが現場監督を続けて、課長や所長を目指すというのであれば、必要な資格、また、取っておいた方が良い資格があるので、紹介します。

スーパーゼネコンの現場監督が持っている資格なので、間違いない資格といえます。
※受験資格については、大学の建築系学科卒表生の条件のみ記載

※重要度・内容は現場監督という立場で考えています。

1級建築士 (重要度★★★★☆)

  • 受験資格:大学で指定の学科卒業後受験可(ただし免許取得は、実務経験2年後)
  • 試験科目:学科試験、製図試験
  • 内容:全ての構造・規模・用途の建築物について設計・監理を行うことができる。現場監督だけをやっていくのであれば不要。しかし、資格を持っているだけで客(発注者)、職人に対して立場的に有利になれる。

1級建築施工管理技士(重要度★★★★★)

  • 受験資格:大学卒業後実務経験3年以上
  • 試験科目:学科試験、実地試験(記述試験)
  • 内容:全ての構造・規模・用途の建築物について施工管理を行うことができる。

監理技術者(重要度★★★★★)

  • 受験資格:一級建築士もしくは一級施工管理技士の資格取得者
  • 試験科目:講習受講
  • 内容:全ての構造・規模・用途の建築物について施工管理を行うことができる。6000万円以上の建設現場の工事監理を担うことができる。現場監督は、一級施工管理技士取得後に監理技術者を取得すべきです。なぜなら、一級建築士のみ取得している監理技術者に比べ、扱える工事の数が多いからです。(ちなみに一級施工管理技士取得者の監理技術者が扱える工事は、一級建築士のみ取得している監理技術者が扱える工事すべて網羅している)

コンクリート主任技士(重要度★★★☆☆)

  • 受験資格:大学卒業後、4年以上の実務経験。または一級建築士の資格取得者
  • 試験科目:学科試験
  • 内容:コンクリートの製造,施工,配(調)合設計,試験,検査,管理および設計など, 日常の技術的業務を実施する能力に加え、コンクリート技士の能力に加え,研究および指導などを実施する能力のある高度の技術を持つことができる。生コン工場で働くなら必須だが、コンクリート工事がある現場には、設計監理・現場監督誰か一人でも持っていれば良い。コンクリート工事は、構造体を作る上で最も重要工事なので、発注者に対して、品質的に信頼される。また、社内でも評価される場合がる。

免震部建築施工管理技術者(重要度★★★☆☆)

  • 受験資格:建築に関わる業務経験が4年以上ある者で、一級建築士または一級建築施工管理の資格を有するもの。
  • 試験科目:学科試験
  • 内容:免震工事に関わる施工計画書の立案、免震部材等の品質管理及び免震部工事の施工管理を行うことにより、適切な免震性能を確保すること、また、建物使用期間中に免震機能が発揮できることにあります。免震構造の建物を施工する場合は最低1名以上現場に必要です。

CFT構造施工管理技術者(重要度★★☆☆☆)

  • 受験資格:3年以上のコンクリートの施工または技術に関する実務経験があり、次のいずれかの資格保有者(一級建築士、一級建築施工管理技士、コンクリート主任技士、コンクリート技士)
  • 試験科目:学科試験
  • 内容:専門的技術をもってCFT造構造物の施工計画の作成と施工管理をおこなう、当協会が認定した技術資格です。CFT構造の建物の場合は最低1名以上は現場に必要になります。ただし、CFT構造の現場というのはなかなか無いですが、現場監督で持っている人は多くいます。

JR工事管理者(重要度★★☆☆☆)

  • 受験資格
  • 試験科目:講習会、学科試験、適性検査
  • 内容:専門的技術をもってCFT造構造物の施工計画の作成と施工管理をおこなう、当協会が認定した技術資格です。CFT構造の建物の場合は最低1名以上は現場に必要になります。ただし、CFT構造の現場というのはなかなか無いですが、現場監督で持っている人は多くいます。JRの線路の近くで工事をする場合は、最低1人現場に配意する必要があります。線路の近くの現場というのは規制が多く、電車を緊急停止させるボタンを現場内に置かなければならなかったり、線路と現場の間で終日安全確認をする監視員が必要だったりします。そのような決まりの取りまとめを行い、JRと打ち合わせをする役目があります。

まとめ

長々と書きましたが、重要なことをまとめます。
現場監督になるために資格は特に必要無し
現場監督として出世するためには、一級施工管理技士を取得し、監理技術者の資格を取得することが必須
・それ以外の資格は、持っていると会社の評価が上がる場合があります。逆に取ったことによって、仕事が増える可能性もありますので、個人の判断によるところが大きいです。私は上司から催促されない限り取得しないでしょう。

関連記事:現場監督・施工管理についてどこよりも詳しく解説します!

-ゼネコン・現場監督

Copyright© Cocomaroom , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.