動画配信サービス

【他社比較あり】DAZNは2020年MLBがマジでアツい!(解説は英語)

daznは2020mlbがマジであつい!
悩む人

DAZNでMLBの試合が観れるらしいけど、
お得なの?何試合見れるの? 解説は英語なの?
実際に使っている人の意見が聞きたいな。

こういった疑問にお答えします。

ちなみに、この記事を書いてる僕は、DAZNを1年ほど利用してます。

本記事の内容

  • 【2020年】DAZNはMLBがマジでアツい(解説は英語)
  • DAZNでMLBを視聴する際のメリットデメリット
  • DAZNでMLBを視聴する際のよくある質問
  • MLB見るならDAZNだけで大丈夫

こんな感じで、この記事を読めば、DAZNでMLBが見たいなと考えてる方の疑問はすべて解消されます。

2分ほどで読めますので是非ご覧ください。

>>【DAZN】初月1ヶ月無料お試しはこちら

【他社比較あり】DAZNは2020年MLBがマジでアツい(解説は英語)

結論を言うと,MLBを見るなら『コスパ』と『圧倒的な配信数』を誇るDAZNをおすすめします。

DAZNのMLBは英語解説が多めです

DAZNで配信されるMLBは、日本語解説が少なく基本的に現地映像+現地音声となります。

最初、現地音声を聞いた時は、少し違和感がありましたが普通に慣れます。メインは野球の試合なので、実際そこまで重要ではないことに気づくと思います。

試合によっては日本語解説もありますので、ご安心下さい。
番組表を見れば、事前に調べることが可能です。

DAZNと他社の比較

他社比較しつつDAZNが最強な理由を紹介します。

DAZN

後ほどメリットデメリットを詳しく解説しますので、ここでは比較のために簡単に紹介します。
月額は1,925円と少し高めですが、1日最大4試合配信・年750試合以上が視聴できます。比較表の通り、日本のサービスでは配信数が1位です。
また、TVだけでなく、スマホやタブレットで視聴可能なため、外出先でも視聴可能です。

>>【DAZN】初月1ヶ月無料お試しはこちら

スカパー

言わずと知れたサービスですが、TVでの契約が必須です。場合によってはアンテナ等の工事も必要です。
画質は良いですが、月額は2,400円~と少し高めです。
衛星放送あるあるですが、スカパーと契約し、J-SPORTSのチャンネルと個別契約するといった少しややこしいシステムです。
また、配信数は1日1~2試合と少なめ。

NHK地上波・BS

地上波なので、無料です。
たまにMLBを見る程度の人はNHKで十分ですが、1日1~2試合の為、見たい試合が必ず見れるとは限りません。

MLB.TV

海外の配信サービスなので、少しハードルが高いです。
全試合放送されるため、日本人選手だけじゃなく、よりたくさんの試合が観たいという方にはオススメ。
イメージとしてはDAZNの全試合視聴可能なタイプと思っていただければわかりやすいかも。
ただし金額が高め&表記がすべて英語です。

DAZNでMLBを視聴する際のメリットデメリット

メリットデメリットを紹介します。

4つのメリット

  • メリット①:750試合見放題(1日最大6試合)
  • メリット②:見逃し配信あり
  • メリット③ハイライト機能あり
  • メリット④:1ヶ月無料体験あり

3つのデメリット

  • デメリット①:月額が1,925円(税込)と高い
  • デメリット②:画質が悪くなる時がある
  • デメリット③:解説が英語

メリット①:750試合見放題(1日最大6試合)

DAZNは日本人選手の試合を中心に、MLBの試合を全750試合配信しています。シーズン中は1日最大6試合と、圧倒的な配信数です。
MLB見たければDAZNに登録しておけば間違いないと思います。

メリット②:見逃し配信あり

MLBの試合は、日本時間の深夜から早朝にかけて開始されます。
リアルタイムで見るのはなかなか厳しいとは思うのですが、DAZNの見逃し配信を活用することで解決します。
ただし、見逃し配信は1週間と期間が決められているので注意です。

メリット③ハイライト機能あり

DAZN独自のハイライト機能があり、試合の見どころを凝縮して視聴することができます。
ニュースで見るようなハイライトよりは時間も長く、それだけでも普通に楽しめます。
移動中などにサクッと試合を見ることができるので、
かなり重宝しています。

メリット④:1ヶ月無料体験あり

DAZNは無料で1ヶ月間体験することができます。
画質を確認したり、英語の実況はどんなものか確認したり、ハイライト機能を見たりと、登録する前に一度試してみることをおすすめします。
期間内に解約すれば費用は一切かかりません。スマホやパソコンで1分あれば登録できるので、すぐに視聴することができます。

>>【DAZN】初月1ヶ月無料お試しはこちら

デメリット①:月額が1,925円(税込)と高い

月額は、少し高く感じられるかもしれませんが、スポーツ観戦可能なスカパーやwowowなどのサービスと比べるとかなり低価格です。
また、DAZNはMLB以外にも130種類以上のスポーツが視聴可能なので、かなりお得に感じています。

デメリット②:画質が悪くなる時がある

DAZNは画質の選択ができません。通信環境によって画質を自動で判断されるため、通信環境が悪い場所だと一時的に画質が悪くなることがあります。
wifiの環境が整っている場所であれば、気になるほどではありません。

デメリット③:解説が英語

冒頭でも解説しましたが、現地音声の場合があるので、実況解説が英語の場合があります。
メインは野球のプレーなので、個人的には気になりません。

よくある質問

よくある質問

  • 質問①:テレビで見れる?
  • 質問②:ダウンロードできる?
  • 質問③:オフラインで見れる?

質問①:テレビで見れる?

テレビでも視聴可能です。

質問②:ダウンロードできる?

見逃し配信のみダウンロードできます。ただし、見逃し配信期間が過ぎればダウンロードしたコンテンツも消滅します。

質問③:オフラインで見れる?

ダウンロードしたものはオフラインでも視聴可能です。

質問④:録画できる?

録画はできません。

まとめ:MLB見るならDAZNに登録してけば大丈夫

MLB見るならDAZNに登録しておけば大丈夫です。

ポイント

  • 月額1,925円(税込)
  • 日本人の試合ほほぼ全試合視聴可能
  • MLBが750試合見放題(1日最大6試合!)
  • 見逃し配信あり
  • スマホ、PC、タブレットがあればどこでも視聴可
  • 無料で1ヶ月体験できる

こんな感じでして、日本人の試合はほぼ網羅されており、他のサービスと比べても配信数やどこでも観れるといった点でおすすめです。

まずは無料で1ヶ月試してみましょう。

\1ヶ月間無料でMLBを見る/

DAZN公式サイトはこちら

というわけで今回は以上です!

-動画配信サービス

Copyright© Cocomaroom , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.