ゼネコン・現場監督

若手現場監督|現場仕事が捗る便利グッズ16選!実際に使って良かったものを紹介!

この記事では、現場監督が持っておくと現場仕事が捗る便利なグッズを紹介します!

僕はスーパーゼネコンで6年半の間、現場監督として働いていました。

その経験から、

実際に使ってみて本当に作業が捗る!

というものをジャンル別に厳選して紹介します!

入社した頃は、現場監督ってスケール(メジャー)だけあればいいんじゃないの?

そう思ってました。

しかしいざ現場に出ると、違いますよね?

  • 職人から奴隷のように使われる
  • 雑用ばかりやらされる
  • 職人がいうこと聞いてくれないから自分で作業する

など、現場監督としての業務をやりつつ、

職人がやるような作業も自分でしなければならない時があります。

そんな時に僕が実際に使ってみて本当に役に立ったグッズを紹介していきます!

工具・ホルダー等

工具や、安全帯につける工具を収納するホルダーを紹介します!

ラチェットフック

これは知名度が高いので職人から教えてもらって使用している方も多いはず!

ラチェット(通称:ガチャ)を収納するホルダーです。

ラチェットを安全帯にストンと落として収納できるのですごく便利です!

ハッカーケース

鉄筋担当の方は必須!ハッカー用のケースです!

ハッカーのケース使ってる現場監督って少ないと思います。

よく腰袋に入れたりしてますが、落としますよ!

ハッカーって落下防止紐がつけれませんよね?

足場の上から落としたりすると大変なことになりますので、是非使ってください!

カラビナ

これ、カラビナっていうの知ってました?

欲しいけど名前わからないっていうのよく聞きます笑

これは万能で、安全帯を引っ掛けたり、モンキーや番線カッターを引っ掛けたり使い方は様々です!僕は2つ付けてました!

ラクラッチ

これ何に使うの?って思いませんでした?

僕はめちゃくちゃ助けられました!

M8、M10、M12、M13ボルト用のちっさいガチャです!

仮設手すりのベース等、ハードエッジアンカーを緩めたい時に使えます!少しマイナーな話ですが、小さい系のボルトを使ってる場所って結構あるんですよね。

これさえあればいちいち職人に電話しなくても、自分で作業できてしまいます!

六角棒レンチセット

このセットも持ち歩く必要はないですが、たまに使いたい時があります。

自動ドアの防護柵のベースって、六角レンチじゃないと外せない場合があります。

いちいち職人に外してもらうより自分でやったほうが早いということで買いました!

リール式落下防止紐

最近は、どこの現場でも落下防止紐が義務化されているはずです!

もちろん現場監督もですが、職人みたいに紐をだらーんとさせてるのはだらしないですね笑

また、足場とか鉄筋とかに引っかかってイライラしない為にも、リール式のものを購入しましょう!腰回りがコンパクトになって作業が捗ります!

身につけるもの

身につける便利グッズを紹介します!

電熱式インナー手袋

指がかじかんで携帯のボタンが押せないとか、メモが取れない!ってことありませんか?

真冬はこれが大活躍です!電熱式のインナー手袋です!

インナー手袋なので、軍手の下につけます。

冬の打設の立会いなど、外で長時間待機する時は重宝します。

スマホ対応なので、ipad,iphoneでも手袋をしたまま使用もできますよ!

透明ヘルメット顎紐

現場監督あるあるで、「ヘルメット焼け」というものがありますよね。

すごくかっこ悪いですよね笑

この透明ヘルメット顎紐だと、ヘルメット焼けがマシになります!

僕はこの顎紐を使用しつつ日サロにいってヘルメット焼けを回避してました笑

安全帯サポートベルト

若手あるあるだと思いますが、

安全帯ってたくさん工具を付けるのでめちゃくちゃ重くないですか?

僕は安全帯が体に合ってなくて腰の皮が痛くなるので、これを使用してました!

職人はほとんど使ってると思いますので、一度付けさせてもらうのもいいかもしれません!

ヘッドライト

現場でヘッドライトを買ってもらったのですが、安物なので全然明るくなかったんです。

そこで見つけたのがこれ。めちゃくちゃ明るいし、照らす範囲が広いです!

僕は事務の人にねだって買ってもらえなかったので自分で買いました笑

価格も割とリーズナブルなのと、有名なメーカーのものなので本当におすすめです!

マグライト

ジェントスのマグライトです!

すごく明るいので、普段からポケットに忍ばせてました!

内装工事が始まるとヘルメット着用する機会が少なくなると思うので、

ヘッドライトがない時に重宝します!

耐水レベルブック

雨の日に外でメモる時ってどうしてますか?

今までは、雨天時に現場で職人からあーだこーだ言われた時はわざわざ雨がかからない所に行ってメモをしてました。ヘルメットから水が落ちてきて滲んだりしてすごく大変ですよね。

そんな時におすすめなのが「耐水レベルブック」です!もちろん油性ボールペン必須ですが、

これは本当に滲みません!大雨の中でも書けるのですごく作業が捗ります!

レインチョーク

現場で床にチョークで書きたい時に、水たまりがあると書き辛いですよね!

翌朝のポンプ車の止まる位置とか、ラフタークレーンの停車位置とか、
地面に何かを書くことって多いと思います。

雨天時に限らず、現場で水たまりってけっこうあるあるだと思うので、

これは持っておいたほうがいいと思います!

折りたたみ三角スケール

「図面に寸法が載ってない!」という時、現場で三角スケールを使いたくなる時ってたまにありませんか?

普通現場に三角スケール持ち歩いてる人っていないですよね!

そんな時は《折りたたみ縮尺スケール》を使いましょう。

三角スケールだと6面ですが、これだと8面あります!

しかもぺたんこになりますので、手帳に挟むことも可能です。

レーザーポインター

最近持ってる人をよく見かけます。

現場で、天井や外壁の納まりなどの指示を出す時に、
わざわざ高所作業車に乗って現地に行かなくてもポインターがあれば解決します!

日中は赤より緑のほうが見やすいのでこれを使用してました!

レーザー距離計

内装工事担当は必須ですね!

CHや有効幅の確認でわざわざコンベックスを使わなくてもこれがあれば一瞬で測定できます!

このメーカーは結構安いので愛用してます!

まとめ:現場仕事が捗る便利グッズで周りと差をつけよう!

いかがでしたでしょうか。

僕が実際に使ったものだけを厳選しました!

紹介したものだけでなく、自分で価格を比較してより良いものを探してみても良いと思います!

現場監督はただでさえ仕事量が多いので、
便利グッズを有効に使って作業を効率化しましょう!

現場監督についての役立つ情報をこちらにまとめています!是非参考にしてください!

関連記事:現場監督・施工管理についてどこよりも詳しく解説します!

-ゼネコン・現場監督

Copyright© Cocomaroom , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.