転職

仕事の失敗・ミスが多いから会社を辞めたいと考えているあなたへ。原因から対処法を解説します

2021年6月27日

仕事でミスや失敗が多くて辞めたい

10秒でわかる!この記事の内容

この記事では、
・仕事の失敗やミスが多い人の特徴と原因
・まず試すべき対処法
・仕事を辞めて良い場合について

こういった内容について解説しています。

「仕事のミスや失敗が多くて怒られすぎて辛い」
「ミスばかりする今の仕事は自分に合っていないのかな?」
「これ以上ミスや失敗をしたくないから会社を辞めたいな」

こういった悩みを抱えていませんか?

仕事をする上で、気をつけているのに何度もミスや失敗を繰り替えしてしまい上司から怒られてしまう時ってありますよね。

この記事を書いている僕も、忙しさのあまりミスを連発してしまい上司に毎日2時間以上説教されるといったことがありました

怒られたことに対してはめちゃくちゃ慎重になるんですが、逆に他のことに気が回らなくなって別のミスをし、また怒られるといった負の連鎖を生み出してしまい、辛すぎて仕事を辞めたいと感じたことを覚えています。

今、その当時のことを振り返ってみると、ミスや失敗を繰り返してしまう時には共通する特徴と原因があることに気づきました。

原因を追及すると、改善策が明確になり対策がより効率的に行うことができます。もちろん、場合によっては会社を辞めると言う選択肢もありです。

そこで、本記事では、何度もミスしてしまう人の特徴と下人から対処法を解説していきます。
仕事の失敗やミスが多い人は逆に「失敗から学ぶことができる」とポジティブに考えて自己成長につなげていきましょう

仕事の失敗やミスが多い人の特徴と原因

仕事の失敗やミスが多い人の特徴と原因を紹介します。よくあるのは以下の5つです。

  1. 集中力の低下
  2. タスク管理ができない
  3. マイナス思考
  4. 仕事に興味がない

詳しく確認していきましょう。

特徴1:集中力の低下

集中力が低下すると生産性が悪くなりミスが発生しやすくなります。

原因として、脳が疲れていたり栄養不足など生活習慣の乱れや、仕事に集中できる環境が整っていないことが挙げられます。

集中力を四六時中持続させるのは難しいので、こまめな休息を取ったり睡眠時間をしっかり確保し、「ここは絶対に失敗が許されない」という部分で意識して業務に取り組むといいでしょう。

とはいえ、業務が多すぎてこまめな休憩すらとれなかったり、睡眠時間が取れないと言う場合は、要注意です。

そう言った場合はミスの連発を避けられずに負の連鎖に陥ってしまいます。
これは最後に紹介する「仕事を辞めても良い」という場合に該当するのでそちらを参照ください。

特徴2:タスク管理ができない

タスク管理は、作業効率を向上させるために必要な手法です。

タスク管理が出来る人は「今すぐやるべき作業」や「これから取り組む作業」が明確になっているため、仕事を処理するスピードが格段に上がるのです。

また、ひとつのタスクを完了させるための時間を考慮し、優先順位をつけて取り組むことも重要です。

ミスを繰り返してしまう人は、このタスク管理が上手くできずに目の前の仕事を片付けることに必死になってしまいがちです。

優先度の高い仕事を放置してしまい、ギリギリになって雑に仕上げてしまいその結果ミスをしてしまうということが起こります。

まずは一度立ち止まって、自分のやるべき仕事を整理して優先順位をつけ、優先度の高いタスクから集中して取り組むことによって、ミスは最小限に減らすことができます。

特徴3:マイナス思考

マイナス思考の人は、自分の失敗やミスをいつまでも引きずってしまう傾向があります。

「また同じ失敗を繰り返したらどうしよう」「また怒られるのが怖いな」と心配しすぎるあまり、自分の仕事に対してネガティブになり自信もなくなってしまいます。

気持ちが不安定なまま業務に取り組んでいると、注意力が散乱し、ミスを再発してしまう可能性が高いのです。

過ぎ去った失敗やミスをいつまでも悔んだり心配していたら、目の前の作業が処理できずに仕事はどんどん溜まっていき悪循環となります。

ミスをしたことへの反省は必要ですが、ずるずる引きずることはせず、気持ちを切り替えることが重要なのです。

あまりにも上司が怖くて、過度のストレスを感じしまう場合は本来のパフォーマンスを出すことができないので職場環境を見直す必要があるかもしれません。

僕もそうでしたが、上司を見ただけで恐怖を感じるレベルだと異動または転職を考えた方が良いでしょう。

特徴4:仕事に興味がない

仕事内容に対して興味や誇りが持てなくなっているときは、当然ながらやる気は出ません。

自ら仕事を覚えようとする意思がないので、理解不足や経験不足からミスが起きてしまうこともあるでしょう。

どうしても興味がもてない仕事は、その仕事に向いていない可能性もあります。

例えば数字が苦手なのに経理の仕事をしている場合など、いくら頑張ってもミスを連発してしまうようでしたら、体質的に合わないことも考えられます。

仕事に興味がなくて覚える気がなく、失敗やミスが多い場合は転職を検討した方がいいでしょう。

世の中には仕事を楽しんでいる人がたくさんいますので、自分に合った仕事は必ず見つかるはずです。

後ほど紹介しますが、転職エージェントに相談し自分の向いている企業を一緒に探してもらってもいいでしょう。

仕事の失敗やミスが多い人が辞める前に試すべき欲しい対処法

仕事の失敗やミスが多い人にまず試して欲しい対処法が4つあります。

  1. メモをとる習慣をつける
  2. 反省点と改善策を考える
  3. わからない状態を放置しない
  4. 仕事がしやすい環境を作る

詳しく確認していきましょう。

対処法1:メモをとる習慣をつける

メモをとると仕事は覚えられ、自分用マニュアルも作成できるので、ミスは圧倒的に減るでしょう。

最初は意識して「メモを取ろう」と習慣化していくうちに、メモを取ることが当たり前になりますので、徐々に慣らしていきましょう。

一度聞いた内容は、その場その瞬間は頭で覚えていても、時間がたつと記憶が薄れてしまいあとになって正確に思い出そうと思っても難しいので、メモをとることが必要なのです。

仕事を教えてくれる人に対して何度も同じことを聞かなくても済みますので、常にメモをとることを心がけましょう。

対処法2:失敗をしたら反省点と改善策を考える

失敗やミスをしたら、自己嫌悪になったり周囲の反応が気になってしまうなどネガティブな傾向になりがちです。

まずは、失敗やミスの事実を受け止めて、なぜそれが起きてしまったのかという原因を探り、今後同じミスを繰り返さないためにはどうしたらいいか反省点・改善策を考えてみてください。

注意点としては、失敗してしまったことに対して固執しすぎないことです。他のことが疎かになってしまい別のミスが発生してしまう可能性があるので、改善策を考えることにあまり時間をかけないようにしましょう。

対処法3:わからない状態を放置しない

わからないことは、誰かに聞いたりして完全に理解するまでは疑問点を放置しないようにしましょう。

特に、はっきりしない表現で指示をだされたり、曖昧な表現で暗黙の了解のような場面では、認識の違いからミスにつながりやすいので要注意です。

何となくわかったつもりで仕事を進めてしまうのが一番危険な状態で、ミスしてしまう可能性が高くなります。

わからないことをわからないままにせず、周りの人に質問したり、マニュアルを読みなおすなど、速やかに疑問を解消するようにしましょう。

対処法4:仕事がしやすい環境を作る

デスク周りを綺麗にする等、環境を整備することはめちゃくちゃ効果があります。

色々な業務の書類が乱雑に机に置いてあると、頭の中もごちゃごちゃになりミスや失敗が発生しやすいので、身の回りを整理することから始めてみましょう。

こうして仕事に集中して取り組める環境が整うと、仕事のモチベーションも維持されるので、ミスの発生率は下がるはずです

仕事の失敗やミスが減らないなら辞めてもいい

上記の対処法を試してもミスが減らなかったり、ミスや失敗が原因で上司に怒られることが多く、常に怯えながら仕事をしている場合は、部署異動するか仕事を辞めて転職することをおすすめします。

また、会社に大きな損害を与えるような取り返しもつかないミスをしてしまい、居場所がなくなってしまった場合も、変に思い詰めるよりはさくっと辞めた方がマシだと感じます。

我慢を続けていると精神的に辛くなって病んでしまう可能性もあるので、気持ちを切り替えましょう

部署異動して職種を変えてみる

怖い上司がいて、気にしすぎるあまり本来のパフォーマンスが発揮できなかったり、そもそも今の仕事が自分に向いていないと感じる場合は、職種を変更して一からやり直すのもひとつの手段です。

転職と違い、部署異動の場合は給与体系も変わらないまま職場環境を改善させることができるので、かなりおすすめです。

とはいえ、自分の希望通り部署異動できる会社はかなり少ないと思うので、まず人事に相談したり、できることから始めてみましょう。

転職活動する

今の会社で働くことが心の底から嫌な場合や、部署異動もできないような方は転職しか道は無いでしょう。

これまでの経験やスキルの棚卸をして適性を徹底分析し、本当に自分に合う仕事を見つけ出せたら、転職活動を始めてみるのもいいでしょう。

ただし、深く考えずに勢いで転職してしまうことはお勧めできません。また同じ理由で転職したくなり、自分のミスや失敗に向き合わないで転職を繰り返す癖がついてしまうからです。

自分がどんな仕事をしたいのか決まっている場合は良いですが、仕事を辞めたいけどやりたいことがよくわからないと言う場合は、転職エージェントと一緒に自分のキャリアの棚卸しをしてみましょう。

関連記事
転職サイト おすすめ 20代
【20代の方必見】20代におすすめ・人気の転職サイトと転職エージェントランキング【徹底比較】

続きを見る

関連記事:【20代の方必見】20代におすすめ・人気の転職サイトと転職エージェントランキング【徹底比較】

仕事のミスや失敗が多い人は辞める前によく考えよう

今回は、仕事のミスや失敗が多くて辞めたい人に向けて、まずやるべき対処法を紹介しました。

小手先の対処法だけではミスが減らない場合や、大きなミスをしてしまって会社にいるのが辛い場合は部署異動、または会社を辞めるという選択をしてもいいでしょう。

とはいえ、まずはミスを減らす為に何をすれば良いのかを考え、試すことが大切です。

失敗やミスは自分を成長させる機会であり、乗り越えた経験は自分の強みとなってプラスになるでしょう。

今回紹介した改善策はすぐに実践できるものばかりなので、自分に足りないものや簡単に取り入れられそうなものから始めてみてください。

-転職

Copyright© Cocomaroom , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.